23歳の時婚活した話 その③

次に計3回した合コンについて。

合コンでは特に気になる人も出来なかったし、得意の体育会系ノリでイェーイ!盛り上げて終わってしまった感じでした。楽しかったから良しなのかな?

 

なので、私のテーマと言うより

相手がなかなか見つからないアラサー女性を見て単純に感じたことを書きたいなと思います。

 

 

ちなみに、飲み会で会ったアラサー女性はほとんど初対面の方達です。

話の流れでやっぱり婚活の話になり、私は単純に婚活仲間が出来たー!イェーイ!なんて思っていました。

世の中にはたくさん婚活を頑張ってる人がいるのですね。

 

 

よくある話でダブりかよー!って感じですが彼女達は、

特別不細工でもないむしろ綺麗性格も良い「いい子」なんです。

いい子であると、嫌いだなという感情も湧きませんが好きという感情も湧かないのかもしれませんね。

大人しくて自己主張がそんなにないなぁと言った印象でした。

 

「趣味は・・・うーんと、最近は仕事の帰りに歩いてます」ですとか

「無趣味なので皆さんの話を聞かせてください☆」といった感じでなんというか印象に残らないんですよね。

逆に「趣味は乗馬です!」とか言われた方が「あの子は乗馬の子」とかいう印象が残るななんて思います。(なんで乗馬を引き合いに出すんだ自分)

 

これって何かに似てませんか?

yes!就活です。

就活ってみんな同じ格好してみんな同じ事をいうから面接官は退屈してしまうそうです。

中にはね、芸能人顔負けの子なんていたら同じ事いったらそりゃ目立ちます。

「でも自分は芸能人顔負けの美女じゃない!他のとこで目立たないと!」という客観性も必要になってくるのではないのかな、感じました。

とりあえず、他の女性陣を見ていると自己主張が薄いな?と言った印象でした。

 

 

私が思うに、自己主張する人はちゃんと自分の発言に責任を持ってると思うんです!

よく「どっちでも良い」「みんなに合わせる」とか集団の中でそういった発言をする人がいます。

確かに協調性って大事な事です。

 

それでも、決断をすることって何故かエネルギーを使います。

そのエネルギーこそ、「責任」なんじゃないのかなって思います。

 

仕事だってそうです。

色んな仕事をどんどんチャレンジしなければ失敗もしません。でもその失敗したことで覚えます。

失敗したら、傷付きはしますが積み重ねれば自分の財産になります。

逆に何もチャレンジしなければ、傷付きもしないけど仕事なんて覚えません。

 

 

お見合いが主流の時代だったらよかったのかもしれません。

だけど、今の女性に求められてる事とは・・・?

 

合コンで会った女性達は、「傷付きたくないから自分のことに責任も持ちたくない。だから自己主張もあまりしない」といった印象を受けました。

 

出会いがないとか、合コンしても次に繋がらないとはいっていますが
「自分のことを幸せにしてほしい」だけで
「自分が誰かを幸せにしたい」という気持ちは欠如していると思いました。

 

 

特に何を喋ったというわけではないのですが

言葉の節々に他力本願さを感じたというだけで完全に私の独断と偏見です。

 

婚活している女性の相談を聞くこともありますがここで書いたことはうまくいってない人に共通しているなと感じました。

でも、佐々木希さんレベルだとまた違ってくるので全ての女性に言えるわけではありません!笑

 

 

 

 

 

そんな訳で、1ヶ月間だけ婚活をして色んな人と出会ってとても楽しかったです。

もう、2年弱前の話になってしまうので早いものです。

婚活をしても最終的に一緒になるのは1人なのですが、その1人を選ぶために色んな人と比べたのは後から後悔しないためによかったのかもしれません。

 

 

 

今の彼に出会う前に好きだった人にもとても感謝してるのです。あそこまで自分の弱さと向き合ったのは人生で初めてだったので、きっかけをくれて感謝しています。

 

実はそのお方と先日、2年弱ぶりに顔を合わせる機会がありました。

好きだった人がそのままだと何だか嬉しいですね。やっぱり今も素敵な人でした。

自信を持ってその人の目を見ることが出来て、本当によかったです!

 

そして、今目の前にいる人を大切に出来るようこれからも精進していきたいと思います!以上^_^