読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23歳の時婚活した話 その②

知らぬ間に深い病み期から回復し

毎日が楽しくて幸せでした(笑)

 

自分が幸せだから、誰かを幸せしたいも思い始めました。

以前だったら、誰か私を幸せにしてと考えていたのに、知らない間に考え方が変わっていたのです。

 

婚活しようと決心したのが9月の終わり頃

そんな矢先に早速たくさんのお誘いが来たんです。 来る時ってたくさん来ますねえ(笑)

結局この人と付き合う!と決めるまでに

・合コン3回

・紹介2回

計5回で、最終的に決定しました。

ちなみに最初に会った人と結局付き合うことになったのです。

 

結婚相談所に入る気満々で、何個か見学していたのにも関わらず入らなくても後悔しないなと思えた人に出会えたことは良かったです。

 

婚活疲れなんて言葉があるように、婚活してる人はみんな30〜40人くらいに会うなんてザラなんだそうですが。

 

私の当時・年齢がまだ小娘だったので、異性への拘りが全くありませんでした(笑)

強いて言うなら、生理的に受け付ける人!これって凄く大事ですよね。

 

また、自分自身が相手の年収を気にしなくても食べていけるし産休育休をとって復帰出来るので、年収に関しても特に気にしていなかったのです。

ちなみに、合コンやら紹介してもらった人は何故かみんな公務員だったのでした。

民間企業の人も見ておきたかったけど、今さらそんな事を言ってもって感じですね。

 

 

ちなみに、ネット婚活がどんなものかと思い、1日だけ無料のものに入会してみました。

メッセージが大量にきて、ビックリして婚活疲れする人の気持ちがわかりました(笑)

もしヤクザだったらどうしようとか要らない心配をしてしまい私の性格的には向かなかったようです。

ですが、ネット婚活で結婚した人、結構いるみたいですよ。 だから、ネットで出会うのも今は主流の1つなのだそうで。

 

 

そんなこんなで1ヶ月で色んな人に会いました。あの時は長らく根暗期間があって引きこもってたし運動もしてたから体力が有り余っていた・・・若い・・・。

 

 

最初に会った人が、自分にとってとてもいい人で温かい気持ちになりなんだかぽわ〜んとして、

 

あーもう超婚活楽しい!!!

 

ってハイテンションでした笑

紹介してくれた人は地元の活動を通して知り合った知人です。

 

 

 

その後は、女の子の友達にも別の方紹介されました。

悪い人ではないし、城田優に似ていてイケメンでした。なのに、何故かときめかず、アレッ・・・?と言った感じでした。

気が合う合わないってあるんだなあと感じました。

 

 

本当にこの人で良いのかな?って思わないように

後悔しないために、色んな人に会うと言うのも良いことなのかもしれませんね。

 

本当に自分に合う人であれば、自分の決断に自信を持てるので・・・。

 

紹介に関しては特に面白みのないそんな感じになってしまったのですが(笑)

その間に3回合コンに参加しているんですね。

そんな中で感じたことを第3弾に書きます。